プロジェクトダイアリー

2017.09.20

ひろみら通信10完成♪


 こんにちは。
 ひろみら通信10号完成しました!!

「ひろみら通信」とは、ひろみらプロジェクトに関わる「ひと」や「こと」をとりあげ紹介する手のひらサイズの情報誌です。

ひろみら通信は今年で3年目になります。学生や教員、地域の方々など、インタビューした66名(延べ)の方々の想いが通信につまっています。
企画から製本まで全て手作業ですので、ゆっくりゆっくりの発行ですが、なんとかここまでやってきました。

そんな記念すべき10号のテーマは、「ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー」です。
昨年度、地域イノベーションコースの一期生が、アメリカのポートランドに行ってきました。ポートランドの取り組みが、広島の地域課題の解決や地域の未来創造にどのように役に立つのか、そして今後の自身のキャリアや活動にどのように生かせるのか、たくさんの学びを持ち帰ってきました。

セミナーのスケジュールから、派遣学生の言葉、ポートランドのまちの紹介、さらにはポートランドでお世話になった方々からのメッセージも掲載しています。

発行部数は少ないですが、本学に置いていますので、お立ち寄りになられた際は是非手に取ってご覧ください!

2017.09.06

ガイダンスを行いました


こんにちは。久しぶりの投稿です。
昨日9月5日は成績発表ガイダンスがあり、久しぶりに学生たちの賑やかな声を聞くことができました。

地域イノベーションコースもお昼休憩と夕方の2回、コースの登録と修了についてのガイダンスを行い約70名の学生が参加しました。コース修了間近の4年生たちも駆けつけてくれて、コースの魅力やコースの経験を踏まえた就職活動などについて語ってもらいました。後輩たちはもちろん、私たちにとってもとても心強い一期生です。

実は、地域イノベーションコースを学べる学生は、今の1年生で最後になります。

本学は、来年4月に国際コミュニティ学部を開設します。
コースの目的である、地域の持続的な活性化に貢献する「地域イノベーション人材」の育成については、国際コミュニティ学部の教育目的として継承・発展していきます。

現在コース修了を目指して頑張っている学生たち、今回登録して頑張ろうとしている学生たちが修了できるようにこれまで通りサポートしていきます。

また昨日は、「イノベーション・プロジェクトII」と「ポートランド・グローカルイノベーションセミナー」のガイダンスも行いました。やるべきことが見えてきた3、4年生たちの表情は真剣です。

コースを修了したい!ポートランドに絶対に行きたい!
そんな声を聞くことができたガイダンスとなりました。

2017.07.21

イノベーション・プロジェクトI(地域課題研究2017)中間報告会


こんにちは。
昨日7月20日(木)にイノベーション・プロジェクトI(地域課題研究2017)の中間報告会をしました。

今年度は、広島市西区己斐地区、広島市佐伯区湯来地区、広島市南区宇品地区、廿日市市玖島地区・浅原地区、北広島町大朝地区で地域の方々と連携しながらプロジェクトを進めていきます。

今回の中間報告会では、この4ヵ月の間それぞれのプロジェクトが地域で何ができるか企画し、教員のアドバイスを受けながらブラッシュアップし活動してきた内容とこれからの予定、長中期目標を発表しました。



前年度のイノベーション・プロジェクトやPBL型授業、地域つながるプロジェクトで関わった地域に愛着を持ち、活動を発展させて取り組もうとしているプロジェクトや、新たな場所で活動をしようと考えているプロジェクトなど、想いやプロジェクトのカタチは様々です。

プロジェクトの活動内容は、閉校後の小学校やシャッター通りの活用、地域の情報発信の空間づくり、地域への愛着醸成などです。

これまでの活動は、地域の現状や、地域で求められていることなどを実際に現地に行って調査したり、ヒアリングしたり、アンケートをとったりしてきました。

これらの調査により、学生たちが考えたこうであろう、こうなるであろうという仮説と地域が求めていることのギャップや新たな地域の課題などが少しずつ見えてきた段階です。



これからの活動は、調査から実践・実行へと移っていきます。
プロジェクトの今後の展開に期待が高まります!

2017.07.11

ゲストのみなさん


こんにちは。
地域イノベーションコースにゲストスピーカーとして3名の方々にお越しいただきました。

広島市立大学芸術学部講師の中村圭さんと、NPO法人INE OASA代表理事の堀田高広さんはこれまでもゲストとして何度か来ていただき、また、地域活動やイベントなど、様々な場面でもお世話になっています。

特定非営利活動法人これからの学びネットワーク代表の福岡奈織さんは、今回初めてお越しいただきました。



中村さんには、「ひろしま未来協創特講(発見・デザイン・都心)」の授業で、広島市中区との協働プロジェクト「基町プロジェクト」についてお話いただきました。

基町の現状と活動についてお話を聞いた後、実際に拠点としてつくり出そうとしている空間について、学生たちに考えてもらうことになりました。誰に使ってもらい、どんな場所にしたいか、グループごとに話し合いをし、最後にそれぞれが考えたグループ名とテーマを黒板に書き出しました。

次回、中村さんが来られたときに、学生たちが考えたアイディアが発表されます。



堀田さんには、「地域コミュニケーション論」にお越しいただきました。
北広島町の大朝で活動されている堀田さんのお話を聞き、地域で実際にどんなことができるだろうかグループで話し合い、堀田さんにアイディア提案の相談とアドバイスをいただきました。

何十人ものアイディアが重なり合ったらおもしろい発想が生まれそうですね。



福岡さんには、「ひろしま未来協創特講(ワークショップ・スキル入門)」の講義にお越しいただき、ファシリテーターとしてどんな仕事をされているのか、また、大学を卒業してこの仕事に就くまでのお話しなどを聞くことができました。

お話を聞いた後、ワークショップで実際に行うアイスブレイクを体験しました。
初対面の人たちで話し合いを始める前に緊張をときほぐすためにするゲームです。

ファシリテーターという仕事の一部を体感できました。



ゲストの方々の知識や経験は学生たちの刺激になっています。
 
2017.07.07

【企業誘致】熟議を行いました!

こんにちは!

そんな政策があったん!?~広島県企業誘致大作戦(田辺ゼミ)の宮本です!

私たちは『そんな政策があったん!?~広島県企業誘致大作戦.』と題して現在広島県が行っている広島県への本社機能移転を推進する政策を踏まえて、学生の視点から県外に本社を置く企業に広島県に本社の移転を提案していくというプロジェクトを進めています。

6月21日にひろぎん経済研究所の冬城さんを招いて熟議を行いました。

まずはこのプロジェクト内容のパワーポイントを用いてプレゼンテーションを行いました。

 

プレゼンテーションが終わった後は、パワーポイントの内容1つ1つに対し冬城さんから丁寧にアドバイスをいただき、とても参考になりました。

 

学生の私たちでは思いつかないようなことを社会人の視点からアドバイスをいただくことができ、これからのプロジェクトを進めて行く上で必要なことがわかり、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

冬城さん、わざわざお越しいただきありがとうございました!

 

プロジェクトが成功できるようにメンバーで協力して頑張っていきたいです(^-^)