プロジェクトダイアリー

2017.07.21

イノベーション・プロジェクトI(地域課題研究2017)中間報告会


こんにちは。
昨日7月20日(木)にイノベーション・プロジェクトI(地域課題研究2017)の中間報告会をしました。

今年度は、広島市西区己斐地区、広島市佐伯区湯来地区、広島市南区宇品地区、廿日市市玖島地区・浅原地区、北広島町大朝地区で地域の方々と連携しながらプロジェクトを進めていきます。

今回の中間報告会では、この4ヵ月の間それぞれのプロジェクトが地域で何ができるか企画し、教員のアドバイスを受けながらブラッシュアップし活動してきた内容とこれからの予定、長中期目標を発表しました。



前年度のイノベーション・プロジェクトやPBL型授業、地域つながるプロジェクトで関わった地域に愛着を持ち、活動を発展させて取り組もうとしているプロジェクトや、新たな場所で活動をしようと考えているプロジェクトなど、想いやプロジェクトのカタチは様々です。

プロジェクトの活動内容は、閉校後の小学校やシャッター通りの活用、地域の情報発信の空間づくり、地域への愛着醸成などです。

これまでの活動は、地域の現状や、地域で求められていることなどを実際に現地に行って調査したり、ヒアリングしたり、アンケートをとったりしてきました。

これらの調査により、学生たちが考えたこうであろう、こうなるであろうという仮説と地域が求めていることのギャップや新たな地域の課題などが少しずつ見えてきた段階です。



これからの活動は、調査から実践・実行へと移っていきます。
プロジェクトの今後の展開に期待が高まります!