プロジェクトダイアリー

2015.04.08

地域イノベーションコース1年間のはじまり


こんにちは。
2年目となる地域イノベーションコースは、新たに1年生も加わり、ますますにぎやかになってきました。

協創館(8号館)の新しい教室は緑の絨毯に新しい机と椅子が並び、「すごーい!!」「きれいー!!」といった声がとびかっていました。

田坂先生の地域イノベーション論、木原先生の地域コミュニケーション論、
ひろしま未来協創特講、ひろしま未来協創プロジェクトが始まりました。
第1回目はガイダンスということで、先生から授業の概要などについてお話がありました。




田坂先生の授業では、周りの人たちとグループディスカッション、
木原先生の授業では、自分で作った名刺を交換し、学年と学部を超えて混ざり合う授業は第1回目から盛り上がりをみせました。
はじめて会う人に話しかける姿は少し緊張した様子でしたが、これらの授業の後半にはクラスが一体となってグループワークなどを行っている光景が目に浮かびました。




 
1年生と2年生が混ざり合った地域イノベーションコースでどんなイノベーションが起こるのかとても楽しみです!!
2015.04.07

地域イノベーションコースガイダンス実施しました


みなさん、こんにちは!
広島は、雨の日が続き桜がたくさん散ってしまいました。とても残念です。

ですが、校内には笑顔を弾ませた新入生の皆さんの活気で溢れています!

さて、昨日は一年生を対象に、地域イノベーションコースの学びのモデルや学びのステップについてガイダンスを行いました。
たくさんの一年生が教室に集まってくれました。説明が終了しても個別に次々と質問にくる学生たち。とても意欲的でキラキラしていました。素敵!
2015.03.27

第3回イノベーション コミュニティ サロン

3月26日(木)に、第3回イノベーション コミュニティー サロンを開催しました。
会場は、新しく完成した協創館(8号館)、地下1階のひろみらスタジオで開催しました。
ひろみらスタジオ利用イベント第1号です!

記念すべきこの日のサロンには、広島市立大学から先生3名と学生2名にもお越しいただきました。
今年度後期、ひろしま未来協創特講(発見・デザイン・まちなか)でゲストスピーカーとして来てくださった中村先生と長野先生の授業の中で基町プロジェクトについて講義を行いました。その基町プロジェクトを進めている学生さんからはプロジェクトについて発表を聞くこともできました。



市立大学の学生さんのプロジェクトに修大生は興味深々な様子で質問をしていました。
最後は、自分も基町プロジェクトに参加したい!と手を挙げた修大生もいました。

名刺交換をしたり、連絡先を交換したり、今後のつながりもできたようです。
新たな風が入ってきて、学生の活動範囲はより広がっています。


やる気満々の学生の姿がスタッフにパワーを与えてくれています!
次年度は新1年生も増え、ますます楽しみです!

 
2015.01.20

たくさんのゲスト☆

地域イノベーションコースの授業が終わりつつあります。
252名のコース登録者、イノベーション コミュニティ サロンの開催、たくさんのゲストスピーカー、1年目の地域イノベーションコースは盛りだくさんでした。

後半の授業には下記4名のゲストスピーカーの方にお越しいただきました。

11月24日(月)、1月19日(月)
ひろしま未来協創特講(発見・デザイン・まちなか)に、広島市立大学芸術学部芸術学研究科の中村圭さん。

12月22日(月) 
ひろしま未来協創特講(発見・デザイン・まちなか)に、広島市立大学芸術学部デザイン工芸学科の長野佳嗣さん。

1月7日(水)
ひろしま未来協創特講(過疎地域のテーマ発見)に、福岡県いわき市から株式会社夜明け市場の松本丈さん。

1月9日(金)、1月15日(木)、1月19日(月)
地域コミュニケーション論に、西広島で経営するcoffee shop TURBOの田中宏さん。




地域イノベーションコースでは、さまざまな分野で活躍するゲストの方々のお話を聞いたり、自分たちが考えたアイディアを発表しアドバイスをいただいたり、チームで話し合いゲストの方々に質問したり、多くのことを学びました。

たくさんの方々に出会えた地域イノベーションコースの学生は、将来自分もあんな風になりたいなと感じたり、地域に出た時には自分はこんなことをしたいなとイメージを膨らませたり、たくさんの刺激を受けたようです。

また、授業外においても、自主的にひろみらセンターに来て発表の準備をしたり、実際に地域に行ってみて歩いて回ってみたり、イベントに参加して地域活性を学んだりと、有意義な1年を過ごした様子でした。

イキイキとした学生の姿はとてもキラキラしていて、これからがますます楽しみです。

2015.01.15

第2回イノベーション コミュニティ サロン♪


こんにちは!
1月15日(木)に第2回目となるイノベーション コミュニティ サロンを開催しました。

イノベーション コミュニティ サロンは授業外での交流会の場として、学生と教職員がわいわいと楽しく活動しています。(第1回の様子はこちらをクリック

第2回のテーマは「チームが西広島を変える!」です。
現在、地域コミュニケーション論では、西広島を舞台に様々な商品開発やアイディアを練っています。
このたくさんのアイディア、もし仮に地域のみなさんの賛同が得られれば、授業を飛び出して現実に地域を動かす学外プロジェクトへと大きく進展する可能性があります。


第3回では、西広島のみなさんへプレゼンテーションを行う予定です。
そのために今回は「ピッチ」を体験し、西広島のみなさんへプレゼンテーションを行う練習をしました。

ピッチとは・・・
HUB TOKYOなどの「起業家コミュニティ」で定番となりつつある、即席チームをつくってプレゼンテーションの質を高めるアプローチです。


まずは、木原先生の授業の中で学生が考えた、西広島を活性化するためのアイディアが書かれた紙をみんなで見ながらで話しました。「盆栽弁当」「ICカードクーポンシステム」「こい焼き」「己斐駅前夜市」など実際に授業を受けている学生もいて、自分の考えたグループのアイディアを紹介しました。
このアイディアを題材にしていざピッチ開始!!









1分間のピッチはあっという間です。PRするには時間が足りません!
その後、グループに分かれてさらなるアイディアを話し合いました。自分の思いや、意見、感じたこと、課題や今後の展開などなど話は尽きない様子。なんだかみんなとっても楽しそうでした。

授業ではない、学生と教職員が入り混じって話ができるこの場は、とても貴重だと感じています。
ここに参加している学生はまだ1年生ですが、みんな自分の意見をしっかり持っていてとても1年生とは思えません。
この学生が2年生、3年生、4年生でたくさん学び、出会い、仲間をつくって、社会に飛び出しイノベーションを起こすと思うと楽しみでしかたありません!!




あっという間の第2回、まだまだ話足らず、終わってからもわいわいと賑やかでした。
新たな仲間もできたようで、みんなでLINEのやり取りをする光景もみられました。
こういう時間があるのも、授業外だからこそですね!

たくさんのいい仲間に巡り合えるイノベーション コミュニティ サロンのこれからにますます期待です!