プロジェクトダイアリー

2015.09.15

【アイハウス】聞き取り調査

こんにちは!
「インターナショナルハウスがある町-広瀬:多文化交流プロジェクト」です。

6月8、11日に交流先である「広瀬小学校」・「広瀬小学校放課後プレイスクールじゃんぐるぽけっと」・「広瀬町内会」へ聞き取り調査に行きました。

プロジェクトメンバーである中国人留学生・韓国人留学生と聞き取り調査へ行き、3団体と今後の交流内容やプロジェクトメンバーでどのように交流先や地域に貢献できるか等を話し合いました。

聞き取り調査をしていく中で、「あいさつ運動を多言語化してみるのはどうか」、「体の部位の名称を外国語で図を用いて学ぶのはどうか」といったアイディアも生まれました。

今後の活動への大きな手がかりとなった聞き取り調査でした!

これからの活動やイベントの様子など随時更新していきますのでよろしくお願い致します!


最後に、私達も参加した「広瀬地区ペタンク大会」の様子を御覧ください。

ペタンクとは、フランス発祥のニュースポーツで、鉄球を目標に向けて投げ合い、
近づけた方に得点が入り合計点を競うものです。

当日は、岸田外務大臣が開会の挨拶を行って、ペタンクの試合も白熱していて大盛況でした!

韓国人留学生たちも楽しそうに参加していました。ちなみに、インターナショナルハウスチーム(広瀬北)は予選全敗で大会を終えました…。ペタンクは奥が深いです…。

今後もこのように楽しく地域と留学生たちの交流が続くといいと思います!

 

2015.06.30

インターナショナルハウスがある町―広瀬:多文化交流プロジェクト

インターナショナルハウスを拠点に、留学生と日本人学生が広瀬小学校・町内会との交流を行うことで地域の活性化や多文化共生への理解の促進にどう貢献できるかを考えます。